別府の家庭には温泉がある? 秘密の温泉地事情をご紹介

別府湯けむり風景

気になる別府の温泉事情、地元民が教えます

大分県別府市といえば、言わずと知れた温泉地です。温泉の湧出量・源泉数は日本一を誇り、
毎年温泉で癒されるために多くの観光客が訪れます。

私はそんな温泉地・別府在住なのですが、別府に住んでいると、市外、県外に住んでいる方から
よく聞かれる質問があるんです

  • 別府に住んでる人は自宅にも温泉があるって本当?
  • 毎日温泉に入ってるの?

などなど。

温泉地に住んでいると聞くと、やっぱりどれも一度は気になることですよね。

そんな気になる別府の温泉事情を、現役別府市民がズバリお答えしていきます。この記事を
読み終わったとき、あなたも別府温泉に入りたくなるかも?

 

疑問①別府は普通の家にも温泉があるって本当?

これは実は本当で、個人で温泉付きの自宅や別荘を所有している方が実際にいます
温泉好きとしてはかなりうらやましいですよね……!

といっても、もちろんどの家庭にも温泉があるわけではありません
自宅で温泉を楽しむには、実はとても大変な道のりを乗り越えなければならないんです。

個人で自宅に温泉を引くには、温泉権(温泉引湯権)という権限を得る必要があります。
これは地下から汲み上げた温泉を自宅の風呂場などに引き込む、または既に引き込んでいる
ところから導線を繋いでお湯を分けてもらうために必要な権利で、場所によっては温泉を引くために
地面を掘る「温泉掘削許可「温泉増堀許可なども追加で申請し、工事をしなければなりません。

こうした多くの権限を申請して、クリアした方のみが自宅に温泉を引くことができるんです。

 

この温泉権には契約金が必要で、さらに権利自体にも期限があるので更新する場合は追加で契約金を
支払う必要があります。
また、温泉にも水道代のような月々の使用料金が設定されていて、基本料金の使用範囲を
超過した分は追加料金がかかります。

通帳と電卓

さらにさらに、別府は地域によって温泉に含まれる成分が変わってきます。
汲み上げるお湯の成分によっては、湯船や排水管の劣化を早めることになり、数年ごとに設備を
修理・交換する 必要
があるんです。
温泉をくみ上げるだけじゃなく、維持するのにもコストがかかるんですね……。

 

ただし、自分で温泉を引かなくても、あらかじめ温泉がついているマンションなど、月々の
温泉利用料金を支払えば設備の維持などは施設管理者が代行してくれる
という施設も多くあります。
さすがは温泉郷別府ですよね。この場合、月々定額で施設の共同温泉に入り放題になります。

別府に住んで家で温泉を楽しみたい!という方は、温泉付きマンションなどを探してみると
いいかもしれませんね。

疑問②別府市民は毎日温泉に入るの?

温泉に入る女性

これは個々人で変わってきますが、毎日入る方も多くいます

別府には旅館のような大規模な所から市が運営している公衆浴場まで、数メートル歩けば温泉に
行き当たる
というほど、銭湯のような感覚で気軽に温泉施設に行けるため、毎日の入浴を近所の
温泉で済ませる
という方もたくさんいるんです

温泉施設によっては入浴回数券定期券などを販売している所もあり、温泉は日常レベル
別府市民に親しまれています

古くからある街角の老舗温泉や安価で利用できる市営温泉にいけば、地元の常連さんと交流
することもできますよ。

 

もちろん、先述のように自宅や住んでいる建物に温泉が引いてある方は毎日のように温泉を
楽しんでいるでしょうから、別府市民で毎日温泉に入っている!という方は思ったより
たくさんいそうですね。

疑問③なぜあちこちから煙がでてるの?

別府温泉を紹介するブログや旅行雑誌を見ると、必ずと言っていいほど
「あちこちから白い煙のようなものが上がっている画像」を見ませんか?

ちょうどこの画像のような感じですね。

実はこれは加工ではなく、実際の別府の風景なんです

 

あの煙のような物は、温泉の蒸気が空気に触れて冷やされてできる湯けむりです。
無数の湯けむりが立ち昇る美しい景色は、国の重要文化的景観(文化的に価値のある、保護すべき
景観)にも選ばれています。別府は温泉施設や温泉を保有する宿の数が本当に多く、またこの景色を
後世に残そうという人々の努力の甲斐もあって、あのような景観になっているんですよ。

 

また、湯けむりとはちがいますが、別府市では道端の側溝から湯気が立ち昇っていることが
よくあります

側溝から立ち上る湯気 ←こんな感じ。

これは温泉施設や旅館から排水された温泉の湯気で、こんな光景を見たら近くに温泉がある
証拠
です。

ちなみにこの写真を撮った場所の近くには、東町温泉という小さな共同浴場があります。

東町温泉

東町温泉東町温泉2

地元の方はもちろん、この近くにある駅を利用する方にも親しまれている地域密着型の温泉です。

いかにも老舗な雰囲気で、風情がありますよね。

東町温泉 アクセス

場所:浜脇1丁目16-1
バス停「湯都ピア浜脇」から徒歩5分、東別府駅から徒歩1分

入湯料:100円

利用時間:5:30〜最終受付22:30

定休日:なし

駐車場:4台

お問い合わせ:0977-21-1267

別府八湯温泉道 第139番東町温泉

別府発祥、いつでも温泉美肌を体験できるおすすめ温泉コスメ

豊富な温泉資源に恵まれた別府。別府温泉が好きな人も、別府に来たことがない人にも、
いつでも気軽に温泉上がりの美肌を体験してもらいたい! という想いから、ゆーらぼでは
別府温泉を自宅でも体験できる、本格派しっとり入浴剤を開発しました

ゆーらぼのBeppuオールインワンクリームBeppuモイスチャーローションにも配合されている
Beppuジュエルウォーター(温泉水)の成分を参考に、美肌の湯と呼ばれる温泉に多く
含まれている天然の保湿成分「メタケイ酸」をたっぷり配合したBeppuバスパウダー
とろっとした白濁のお湯に包まれれば、まるで本物の温泉に浸かっているよう。
自宅にいながらより本格的な温泉気分を味わうことができます

 

保湿成分メタケイ酸の効果で、乾燥しやすいお風呂上りにもしっとりもちもち肌をキープして
くれるため、今まで大変だった全身の保湿ケアの手間も軽くなります
BeppuモイスチャーローションBeppuオールインワンクリームも併せて使えば、しっとりが
より長く続きますよ。乾燥肌さんにはもちろん、体調や天候によって肌状態が変わりやすい繊細な
ゆらぎ肌さん
にもおすすめのアイテムになっています。

 

ゆ~らぼのバスパウダーで、自宅にいながら本格的な温泉気分を味わってみませんか

Beppuバスパウダー

 

 

バスパウダーを見る

 

 

ゆーらぼではこの他にも、別府の美肌の湯と呼ばれる温泉水(Beppuジュエルウォーター)
贅沢に配合した、1つで6役のオールインワンクリームや、水の代わりに100%ジュエルウォーター
使用
とろみ系化粧水も取り扱っています。

ゆーらぼのショップを見る