Beppuジュエルウォーター(温泉水)ができるまで

地中深くにある天然石などを含む鉱物と水が接触することで、水に鉱物の成分が溶け込み温泉となります。長い年月をかけて水は温泉となります。まさに地球からの天然の恵みなのです。

天然石と温泉水の関係

天然石の中でも代表的な水晶はケイ酸という成分で構成されています。ケイ素と酸素が結合した成分です。もちろん水晶の仲間であるアメジストやローズクォーツ、レモンクォーツなどクォーツがつく天然石も同じくです。
Beppuジュエルウ ォーター(温泉水)にもメタケイ酸というケイ酸を多く含んでいます。弊社でもお試しサイズにつけているアクアマリンもそうです。ケイ酸アルミニウムという成分からできています。アクアマリンはベリルと呼ばれる種類でエメラルドも同じ種類です。色は鉄を含むとアクアマリンクロムを含むとエメラルドなど温泉 にもよく含有されている成分で色の変化があります。アメジストは鉄分で色がついています。ローズクォーツはチタンで色がついてい ます微量な金属イオンが色と深い関係を持ちます。

天然石のパワー

さて天然石といえば効果があるとされ、いろんな言い伝えがあります。 ここでは、弊社がお試しサイズにつけている天然石3種類の効果の言い伝えをご紹介します

ローズクォーツ

ローズクォーツは、ギリシャ神話における「愛と美を司る女神 アフロディーテ」の石と伝えられています。このことから 「愛を育む石」と呼ばれ、持ち主に「優しさ」「思いやり」を育んでくれると言われています。

現代社会においては、どうしても色々な人と接する機会が多くあります。職場では同僚や上司、後輩や顧客の人々。プライベートでも家族や友人、親戚、ご近所の方など。どれだけ親しい人間でも、時には接することでストレスを感じてしまいます。
そういった時には、ローズクォーツの優しいピンク色をじっくり眺めてみましょう。心が安らぎ、自分や相手の人を思いやる気持ちを思い出させてくれます。

「思いやる心」を持つことでほとんどの場合、コミ ュニケーションが円滑になれるでしょう。 そしてローズクォーツは恋愛においても効果を発揮すると言われています。それは「優しさ」「思いやり」のある人を嫌いな 人はいないからです。「相手を振り向かせるために、自分をもっと磨こう!」と思わせてくれる石なのかもしれません。 このことからローズクォーツの優しいピンクカラーはBEPPUオールインワンのテーマカラーとなっています。

アメジスト

アメジストはギリシャ神話で「美少女の化身」とされています。 酒に悪酔いしてしまったお酒の神様「バッカス」が、「今から最初に出会った人を猛獣(ピューマ)に襲わせる」と言いました。不運にもちょうどそこへ通りかかったのが「アメジスト」という月の女神に仕える少女でした。バッカスが猛獣をけしかけ、今にもアメジストが襲われそうになった時、この惨事に気づいた月の女神「ディアナ」がアメジストを純白の水晶に変えました。彼女の危機を救うために。 酔いから覚めたバッカスは自分の罪を反省し、その水晶にぶどう酒を注ぎました。 するとたちまち水晶は透き通った紫色に変わり、アメジストになったと言われています。

現在でもアメジストを持っていると人生の悪酔いから守ってくれると伝えられ ています。 「誠実」「心の平和」「高貴」という石言葉を持ちます。2月の誕生石としても知られます。「紫水晶」と呼ばれるように水晶の仲間です、水晶でも最高位の石とされています。 Beppuオールインワンクリームのテーマカラーの水色とピンクの2色を混ぜるとアメジストカラーになります。

アクアマリン

アクアマリンの語源はラテン語で「水」を意味する「アクア(aqua)」。「海」を意味する「マリン(marine)」その名の 通り海の水を連想させるような色からこの名で呼ばれています。ギリシャ神話では、「海の精霊の宝物が浜辺に打ち上げられて宝石(アクアマリン)になった」という言い伝えがあります。 アクアマリンは持ち主に「幸せ」をもたらしてくれると言われ、「結婚」や「家庭円満」のお守りとして人気のパワーストー ンです。

見ているだけで癒されるアクアマリンは、心を穏やかにさせてくれるので周りの人に対して優しく穏やかな気持ちで接するこ とができると言われています。夫婦や家族だけでなく友人や職場の方々とも円満な関係を築く「コミュニケーション」を円滑 にするともされています。

海と山に囲まれた特殊な環境の別府。そこでしか取れないBeppuジュエルウォーターは正にアクアマリンの色をイメージさせ ます。Beppuオールインワンのもう一つのテーマカラーがアクアマリンをイメージした美しい水色です。